『セックス神話解体新書』

小倉千加子 学陽書房/1988 ちくま文庫/1995

本棚をあさっていたら小倉さんの本が出てきた。
私が持っていたのはちくま文庫2004年11月の第八刷。
ほとんど記憶にないんだけれど、読んだんだっけ?

この本は、いかにセクシュアリティーが作られたものであるのかを、
あらゆる側面から検証したもの。
つまり、性なんて神話にすぎないのだ、と。

なかで一番印象的なのが野生児の話だ。
野生のままに見つかった少年は、多くの人たちの努力にもかかわらず、
ほとんど言葉を覚えることが出来なかった。
あるとき、それまでにない、いらいらとした態度をとるようになる。

観察者はそれが、解消されない性衝動だと理解する。
自慰を教えれば、少年は辛いもやもやから抜け出すことが出来る。
けれども、少年はところかまわず自慰をするようになるだろう。
少年は衝動の制御を学ぶことが出来ない。
考えた末に、観察者は自慰を教えないことを選ぶ。

少年は、自力で自慰をするようにはならない。
セクシュアリティーは、「自然」に獲得されるものではないのだ。
小倉千加子は言う。
性とは言葉なのだ、と。

 

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*