ポーの読書サイトみっけ

面白いサイトをみつけた。日経ビジネスオンラインの企画記事。

呪われた自己~もしも自分がもう1人いたとしたら
エドガー・アラン・ポー「ウィリアム・ウィルソン」を読む

続きはこちら。
ブランズビー校の思い出~アイデンティティの分裂の象徴
エドガー・アラン・ポー「ウィリアム・ウィルソン」を読む(1-2)

次は10/23日とのこと。

「ウィリアム・ウィルソン」というと、アラン・ドロンのオムニバス映画を思い出す。
他の作品は忘れているのに。

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*