301 リダイレクトと重複コンテンツについて

友人と運営しているWPサイトの改ざんでの件で、
301リダイレクトについて少し勉強した。

301リダイレクトというのは、古いURLにアクセスがあった場合、新しいURLに自動で飛ばすこと。それまでの検索情報などを引き継ぐこともできる。.htaccessファイルにコードを記述する。

個人的に気になっていたのは、二つのMTサイトをWPに引っ越した際、MTデータを別ディレクトリで残していたため、検索でそのページがヒットしてしまうこともあるだろうということ。で、今回301リダイレクトを設定してみた。

もう一つは、以前から仕事サイトをwwwありとなしで統一したかったので、これも設定してみた。

無事に設定完了。検証もOK。

icon-bookmark 301リダイレクトとは?使い方と設定方法を解説します。

icon-bookmark htaccess解説/リダイレクト(ページの転送)

icon-bookmark wwwの「有り/無し」の統一リダイレクトの設定方法

icon-bookmark リダイレクト検証ツール

icon-bookmark リダイレクトチェック

 

もう一つ、以前から気になっていた重複コンテンツについて。
私の場合深い意味はなくて、それぞれサイト訪問者が異なると思うので、その人たちに読んでほしい記事は別サイトにも転載してきた、というだけ。

調べて分かったのは、重複コンテンツは通常でも2割くらいはあるので、それほど気にしなくてもいい、ということ。寄稿した場合など、自サイトより寄稿先がアクセス数が多く人気サイトである場合は、自サイトの検索順位が下がってしまうことがマイナス要因だ、ということぐらい。

これを回避するには、タイトルを変えたり、投稿日時をずらしたり、サイトごとに投稿内容を変えたりするしかないということであった。まあできる範囲で。

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*