MT カテゴリごとの前後の記事へのリンク

Movable Type で絶対外せないと思っていたプラグイン「PreviousNextInCategory」。
MT既存のタグだと、時系列で全記事の前後の記事へのリンクとなり、
カテゴリ別にはリンク出来ない。いや出来なかった。
それを可能にするのがこのプラグインだったのだ。

が、今日驚愕の事実を知る。
なんと、規定タグ+モディファイアで同じことが可能だったのだ。
MT公式サイトのリファレンスにも記載がないというのがとっても不思議。

Cron実行のメールに、このプラグインの二行がワーニングで返ってきていたので、
さっそく記事ページテンプレートのタグを書き換え、プラグインは外す。
前後記事へのリンクは間違いなく機能した。
また、メールのワーニングからも、PreviousNextInCategory は消えた。

カテゴリをまたいで前後のブログ記事にリンクする
同一カテゴリ内の前後のリンクで完結する場合は以下だけでOK。
つまりモディファイア by_category=”1″ を追加するだけ。

<mt:EntryPrevious by_category="1">
  同一カテゴリ内での前の記事へのリンクを出力する部分
</mt:EntryPrevious>
<mt:EntryNext by_category="1">
  同一カテゴリ内での次の記事へのリンクを出力する部分
</mt:EntryNext>

 後、同一ユーザーの前後の記事へのリンクも、
by_author=”1” というモディファイアで可能。

私の場合の問題は、これでCron のインデックステンプレート再構築が問題なく作動してくれるかどうか。
ちょっと何かやると、それまで出来てたのが、
(理由が不明なまま)出来なくなったりするからなあ。

➾ なんとか作動した模様(例によってCronjobの二回に一回だけど)。

後に残ったRebuildAnyTemplate/Plugin.pm line 25.とLine37.のワーニング。
気にしなくてもいいみたいだけれど、でも気になる。
それから、MTのログを見ると、Actionstreamの取得と
バックグラウンド再構築が同じタイミングでされていないこと。
30分に一度Cronが動いてるはずなのに、
再構築は一時間に一度だったり、二時間に一度だったりする。
これはどういうことなんだろう ?

ログのタイミングとメールから察するに、どうやらfinished で返ってきてるときは、
バックグラウンド再構築がかかってないみたい。
ワーニング・・・・・・・finished のときは再構築されてる。
つまり、再構築されるにあたってワーニングが発生する、ということか。

このワーニングの消し方、プラグイン製作者さんに(いつもお世話になってます)
コメントで問い合わせてみようかな、とちらりと思う。
でもあまりにど素人なので気が引けて出来ない。

PreviousNextInCategory のワーニングが消えたことで、
PriodicRebuildAllBlogs のプラグインをもう一度試してみたい気がするけれど、
あのワーニング、最後がkilled だったしなあ。
たぶん、一度のCron実行で全テンプレートを再構築するというのは、
あんまりよいことではないだろうと思うし。

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*