WP バックアップについて

バックアップの重要性はわかってはいる、つもりでも、
ついつい時間がたってしまう。
自動バックアップのプラグインがあるというので、検討してみた。
おすすめは、BackWPup という記事が圧倒的に多い。

が、簡単と言われても、なんだか設定が面倒くさそう。
おまけに、時間がかかるとか、エラーになる場合も、とか、
不安を感じるコメントもあって、考えてしまった。

それに、問題は復元。
上記プラグインでも復元作業はやはり面倒そうだし。
環境がかわるとさらに…。
(復元ではMTで一度えらい目にあったことがあるので、慎重になる。
あのときはバージョンアップでまずつまずいたのが大きかった。)

バックアップにはDBとサーバーデータの両方が必要。
面倒でなければ、DBはphpMyadminでエクスポートすればいいし、
サーバーデータは、プラグインを入れたりしたときだけ、
FTPでダウンロードすればいい。
記事データは管理画面からもエキスポートできるわけだし、
私の場合画像類はほとんどアップしてないし。
(画像に関してはFrickr利用のプラグインがあるらしい
あとでチェックしよう)。

とすれば、面倒なDBだけを自動バックアップでいいんじゃないの、
という結論となった。
で、「WP-DBManager」に決定。
WordPressのデータベース用バックアッププラグイン「WP-DBManager」

エラーメッセージは.htaccessに関して。
上記サイトに従って、htaccess.txt ファイルを移動、
名前を.htaccess に変更。

「環境は整っているようです。このまま作業を続行してください。」これが表示されていれば問題なし。「バックアップ」ボタンをクリック。

が、エラーとなり、形式をGzip圧縮 を はい としたらOKとなった。

バックアップファイルは「wp-content/backup-db/」の中にあるので、
とりあえずPCにダウンロードしておく。

自動バックアップも設定。
このファイルはメールで送られてくるの?

ついでにFTPでサーバーデータもダウンロード。

 

【参考】
初心者向けのWordPressのバックアップ方法
WordPressサイトを手動でバックアップする方法
データバックアップとサイトの移転

今こそ安心できるWordPressバックアップを!復旧作業まで実際にやってみたWordPress丸ごとバックアップ法
BackWPup – Webサイトを丸ごとバックアップできるWordPressプラグイン
WordPressで作成した場合は、バックアップが重要

WordPress バックアップ用プラグインを比較してみた!

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*