WP4.4更新失敗‐回復

初めてWPの自動更新に失敗した。
以下のサイトを参考に大した手間なく回復したけれど…。
WordPressの更新に失敗して焦った時に、復旧する方法

何が悪かったんだろう。
これまで何度も自動更新で問題なかったのに。

サイトそのものは表示されるんだけど、管理画面が真っ白ならぬ真っ灰色で、こりゃもうFTPで入れてくしかないかと観念した。
とりあえず最新版をDL、zipを展開し、コピーできなかったというメッセージの出たファイルのみ入れてみる。も、変わらず。

調べると、手動更新の場合プラグインを停止して行え、とどこかにあったけれど、管理画面からは停止出来ないし、パーミッションを変えるとか、一旦削除する(バックアップ取って)とかした方がいいのかもしれなかったけれど、とりあえずはそのままでやってみた。

大事なのはwp-content>thems と、同>uploads 、ルートにある wp-config.php の現状を残すこと、だろうと判断。

参考サイトではローカルにDLした最新WordPressに、これらのフォルダ×2とファイル×1をコピーし、リモートのルートにあるphpファイルを削除、その後最新WP(+追加or 差し替えた thems & uploads& 現行wp-config.php をアップロード、という手順だった。

私の場合、上書きでいいだろうと削除せずにアップロードして問題なかった。けれども、本当はもっときちんとやったほうが良かったのかもしれない。
こういう場合に備えて、更新のときはしっかりとバックアップを取ることと、手動更新の手順をきちんと踏むこと、が大事だろうとは思う。

その時のために。
WordPress のアップグレード

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*