Egyptウォッチに最適サイト

エジプトでは今日明日で更なる衝突の可能性が報じられている。
エジプト軍に「市民逮捕権」 大統領が首相に権限付与
(msn産経ニュース 7/29)
イスラム勢力の100万人集会の呼びかけ(エジプト)
(中東の窓 7/29)

それから、エジプトウォッチに最適なブログをみつけた。
どこまでもエジプト (飯山陽さんのブログ)

飯山さんはイスラム法研究者にして、
メディア関係の仕事もされているとのこと。
小さなお子さんを連れてのエジプト赴任で、
日常生活の様子なども書かれていて興味深い。
3月にエジプトに行く前に読んでいたら、
イスラミックカイロとか参考になったのになあ。

さっそくリーダーに登録して、さかのぼって拾い読みした。
現地紙10紙ほどと、中東メディアにもまんべんなく眼を注いている。
それらの情報が深いイスラム知識で解説されているので、
知らなかったこと、再確認することなど、ずいぶん参考になる。

再確認したことの筆頭は、同胞団に関して。
同胞団は決して世界標準の民主化勢力ではない(なかった)こと。
例えば、メディア規制の激しさ。
いきなり同胞団に批判的なチャンネルが閉鎖されたり
(それにしても、K中東支局長の「同胞団は表現の自由を認めていた」
的なあのコラムは、つくづく的外れだよなあ)。

それから、他のイスラムの人たちの中には、
信じられないほどの原理主張をする人がいること。
女性差別の実態と、その糾弾に声を上げる女性たちの存在。
エジプト人のメンタリティーと、
やはりなんといっても、彼らの血肉となっているイスラムについて。

あと、ブラック・ブロックがどういうものなのか。
彼らはエジプトだけの集団ではなかったんだ。
が、エジプト的な色合いもある。
平和的な行動を提唱する女性集団もいるとのことで、興味深かった。

以下は特に目に留まった記事。

エジプト大統領の三権独占 (2012.11.25)
エジプト女性82%がセクハラ、60%がDV被害 (2012.11.26)
エジプト新憲法案への賛否と第三局 (2012.12.02)
憲法宣言への抗議いろいろ (2012.12.03)
国民投票による同胞団支配の絶対化 (2012.12.26)
エジプトの経済危機 (2012.12.30)
エジプトの本当の失業率 (2013.3.06)
恐るべき停電の予感 (2013.3.18)
メディア監視センター設立by同胞団 (2013.4/22)
エジプトの大統領支持率 (2013.5.15)

●2013.6月の記事
●2013.7月の記事

 

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*