アメリカがシリアに軍事介入?

エジプトだけで手一杯で、
シリアについて調べたり、書いたり、つまり考えることが、
ずっと出来ないできた。
シリアには2011年の2月、反政府デモが起こる直前に行っているだけに、
その後のあまりの展開に暗澹とするばかりで、
それこそ情報をどう読めば良いのかすらわからないままなのだ。

ここにきて、化学兵器の使用疑惑の高まりと、
化学兵器使用をレッド・ラインとしていたオバマ政権の介入が、
報道されるようになった。
以下は岩上さんの考察。
岩上安身氏 @iwakamiyasumi による『シリアに於ける虐殺』の現状分析と思考

The Wall Streer Journal は、遅きに失した、
というような口調で延々と論を展開しているが、
失敗に終わった米国の中東大戦略)
ただでさえ代理戦争のようになっていたのが、
本当の代理戦争になってしまわないかと恐怖を覚える
(同時に、どうしてアメリカに軍事介入の権利があるのかと、
いつものことながらの強い違和感も)。

静岡県大の宮田教授のこの意見(facebook)が、
最善策なのは確かだと思う。

米国のシリア攻撃は国連安保理の決議に基づかず、国際法上の正当性にも欠くことになるだろう。
米国など諸外国がいますべきことは、国連の安全保障理事国、また周辺諸国などによるシリア問題に関する合意づくりと調停の努力、紛争当事者たちに対する武器供与の停止、またシリア難民たちへの支援であって、紛争をさらに悪化させることではない。

問題は、このようなことが現実的実際的に可能かどうかだ。
けれども、欧米の介入は次善策ですらない、
むしろ最悪のシナリオとなるような気がしてならない。

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*