個人攻撃、人格否定、社会的制裁・・・ただ「嫌い」って言えばいいのに

上杉隆バッシングが気になっていた。

脇が甘いよな、とは、言説を見ていて思うし、
間違いやら、なんやらありそうだとも思う。

でもなあ、某殺人・死体遺棄事件の首謀者と思われる女性の顔写真が本人じゃなかったり、
けっこう大手メディアもフライングしてるじゃん。
そういうとこをつついて人格否定を展開するのは、違うと思うんだよね。
これが、だらだらネット検索した今日の感触。

それだけ彼を嫌いな人がいるんだろう。
だったら、ただ「嫌い」って言えばいいのに。
それが社会的制裁になっていく図式が私は嫌いだし、問題だとも思う。

何か罪を犯したのなら、社会じゃなくて、法が裁けばいい。
そこが法治国家なら、ね。
で、罪でもないようなことで、個人(の人格否定的な)攻撃するなよ。

彼のついおちゃらけてしまう体質に、
まじめな(E女史みたいな)人が反発するのもわかるけど、
私は嫌いじゃないです。
彼が果たした(てる)ことって、大きいと思うし。

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

1 Comment

  1. どうやら、上杉隆の言動をすべてチェックし、
    重箱の隅をつつくように非難することを生きがいにしている人たちがいるらしい。
    そういう専用のサイトもあって、ちらりとのぞいてうんざりした。
    はっきりいって、それって異常だよ。
    その情熱をマスコミチェックに振り向けたほうがよほど健全だと思うけどね。

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*