Damascus-While I Was Waiting

『ダマスカス-While I Was Waiting』を観た。 2011年2月にシリアに行った。 ダマスカスには日本の旅行会社の現地駐在員がいて、 たくさんの日本人観光客に来てもらいたいと意気込んでいた。 シリアにはそれだけ魅力のある歴史遺産と観 …続きを読む

「イスラム国(IS)」対「領域国民国家」③ トルコ参戦決議 追記10/6,7(ISコバニ侵攻)

アメリカとアラブ5か国がシリア北東部で空爆を開始し、10日がたった。 ニュースを追っているけれど、よくわからないことが多い。 気になっていたのはトルコ国境であり、トルコの動きだ。 9月23日のトルコの人質解放で、 トルコの対IS攻撃不参加の(表向 …続きを読む

「イスラム国(IS)」対「領域国民国家」② 空爆の拡大と包囲網(すでに第三次世界大戦 ? )

オバマ大統領は9/10日の演説で、対「イスラム国(IS)」空爆を(シリアにも)拡大すると宣言し、これまでイラク北部に集中していた空爆を、15日には首都バグダード近郊でも行った。  icon-chain 空爆拡大、イスラム国の壊滅目指す=オバマ大統 …続きを読む

増加する難民、イタリアへ海を渡る人の数も

地中海は春から秋が航海に適した季節だ。 難民を生み出す元となるシリアの内戦状態が、 解決どころかまったく解決の先が見えない状態で、 さらにイラクの紛争も拡大してしまった。 きっと海を渡る人たちも増えているだろう。 なのに、報道が少ない。 海難事故 …続きを読む

No Picture

シリアとイラク、連動する危機

シリアがクローズアップされていた頃から、半年以上が過ぎた。報道にはアサド大統領が選挙で再選されたことぐらいしか出てこないし、どうなっているのかがよくわからないできた。でもここにきて、イラク国内がスンニ派とシーア派とクルドの三つに割れるような事態と …続きを読む

No Picture

シリア 安保理化学兵器廃棄決議、その後のこと

国連安保理が、シリアの化学兵器廃棄の決議を採択した。 ・安保理、シリア決議を採択 10月から化学兵器査察 (読売新聞 9/28) ・対シリア:米英仏、圧力に手応え 安保理決議案  (毎日新聞 9/27) これは、シリアをめぐって国際社会がひとつの …続きを読む