No Picture

『シリア』 アサド政権とシリア国民

◆シリア  アサド政権の40年史 国枝昌樹 平凡社新書 2012.6 ◆「どこの国でもいいから助けてくれ!」 シリア国民の悲痛な叫びを聞いてほしい (JBPress 9/9) 『シリア』の帯には、以下のように記されている。 アサド政権はなぜつぶれ …続きを読む

No Picture

シリア 「化学兵器破棄」騒動の陰で続く戦闘

13日、シリアが、化学兵器禁止条約への加盟を国連に申請した。 よく知らなかったこの条約、 締約国189か国、非締約国が7か国。 うちイスラエルとミャンマーは署名はしてるけど批准はまだ。 未署名なのがシリア、北朝鮮、アンゴラ、南スーダン、エジプト。 …続きを読む

No Picture

『混迷するシリア』

◆混迷するシリア–歴史と政治構造から読み解く 青山弘之 岩波書店 2012.12 少し前に、岩上安身によるインタビューで青山氏とこの本を知った。 インタビューで、シリアの混迷のアウトラインのようなものが少しわかった。 この本は、「シリ …続きを読む

No Picture

シリア情勢 アメリカはシリア攻撃を見送る?

このタイミングで、こんな手があったのか、 という「化学兵器は国際社会で管理」案がロシアから出された。 すかさずシリアが賛意を示し、オバマ大統領もこれに乗った。 (10日の演説でオバマ大統領は、 「軍事力を使わずに化学兵器の脅威を取り除く手段となる …続きを読む

No Picture

シリアのこと

シリアへの介入は、もう勘弁してほしいよね。 化学兵器だって、どっちが使ったのかわかってないのに、 もうすぐにでも攻撃できるってなんだよ! じゃあ前から準備してたんじゃん。 しかも限定的な懲罰って、 ルール違反したからちょっとおしおきするって、、、 …続きを読む

No Picture

アメリカがシリアに軍事介入?

エジプトだけで手一杯で、 シリアについて調べたり、書いたり、つまり考えることが、 ずっと出来ないできた。 シリアには2011年の2月、反政府デモが起こる直前に行っているだけに、 その後のあまりの展開に暗澹とするばかりで、 それこそ情報をどう読めば …続きを読む