No Picture

Morocco 前夜

最近になく不安材料の多いモロッコ旅である。 その1 わけあって 羽田ーパリ、パリーカサブランカが別冊の航空券となったため、 機内預けの荷物がスルーでいくのかどうか? 行かなかった場合、セキュリティ強化必至のシャルルドゴールで、 一旦入国し、荷物を …続きを読む

今年もモロッコに行ける ♫

今年もモロッコに行くことになった。 なんと、OUMがパトロンになっているタラゲールフェスティバルを目指して! 動画はマラケシュからアトラス超えのアイト・ベン・ハッドゥのカスバ、 土に帰りつつある土壁の城塞 。

モロッコの歌姫 Oum – Lik (Acoustic Session)

なんというアコースティックの心地よさ ♫ 遅ればせながら、ドキュメンタリー映画「自由と壁とヒップホップ」のDAM(パレスチナのラップグループ)、日本公演応援プロジェクトに参加間にあった。よかった。  

メディナとアトラスと砂の城–モロッコ周遊Ⅰ

穏やかな王国 エジプトの後に訪れてみれば、モロッコは穏やかな国であった。 穏やかなのは王の国であるからだと、ドライバーのバダーは言う。 隣国のアルジェリアから東に、チュニジア、リビア、 エジプトと続く民主化デモと政治の混乱を(南のマリ共和国も、で …続きを読む

No Picture

SimフリーiPhoneとiPad in Morocco 2014

事前に問い合わせたら、モロッコでは簡単にプリペイドSimを買えるとのことではあった。ドライラバーに連れて行ってもらえばいいと言われていたが、そのドライバーと落ち合えず、仕方なく国際ローミングで現地連絡先に電話をかける羽目に。せっかくiPhone4 …続きを読む

モロッコの歌姫OUM / Soul of Morocco

到着したカサブランカ空港、ドライバーが見つからない。 ドバイ経由の長距離線×2のフライトと、満席のドバイ-カサブランカ1時間の遅延でへろへろだったけれど、ドライバーと落ち合えないことには疲れたと訴える相手もいない。現地連絡先に電話して待つこと5分 …続きを読む

No Picture

モロッコへ(始まりと読書メモ…)

「いつか行こう」と、ある意味大事にとっておいたモロッコが、いきなり、「今行くところに」に浮上した。仕事関連で流れてくる情報に、モロッコの文字を見つけたのが二月の最終週末。週明けに出発可能日を問い合わせ、3月4日火曜日に申し込みむと夕方に返信電話あ …続きを読む

No Picture

四方田犬彦「モロッコ流謫」

流謫(るたく) という文字をなかなか表示できない。 意味は 罪によって遠方へ流されること。遠流。りゅうたく。「―の身」 だって。