『嘆きのピエタ』

キム・ギドクの『嘆きのピエタ』を観てきた。
2012年のヴェネツィア映画祭金獅子賞受賞作品。

誰にでも薦められる映画ではないけれど、
本当にすごい映画だった。
映画でしか表現できない、すごいテーマ、すごいストーリー。
モチーフはこれまでのギドク作品に通じるものだけれど、
そこに込められた「念」が、一層深まっているように思う。
よくこんな映画が撮れるものだわ、キム・ギドク。
『アリラン』を経て完全復活、さらに一段登った感あり。

嘆きのピエタ公式サイト

 

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*