SONY Smart Watch 3、OLYMPUS Air モニターとしてアウトか!? モニタ専用スマホDignoRを購入

37900481385_93b733d083_z

ひどいじゃないか。
Airのモニターとしてのみ買ったのにさ、S.Watch3。
つい先日まで使えていたのに、
ふとスマホと(再)同期してみたら、
消えた。消えてしまった….。

Androidスマホ本体にも、OpcWearアイコンが表示されていないことに気付く。が、スマホにインストールはされているのだ。とりあえずそれぞれを再起動、変わらず。OpcWearを再インストールし、ウォッチも初期状態に戻して再度ペアリング。変わらず。これで一日を空費。

S.Watchは初期設定のつまづきでコールセンターがとても親切かつ的確サポートだったので、でもなあ、と思いつつ電話してみた。Xperia最新機にアプリをインストールしてみてくれたのだが、やはりアイコンは表示されず、これ以上の検証は無理とのこと。だろうなあ。アイコンが表示されないアプリのようではあるが、表示されていたような記憶もあり、定かではない。たとえそうだとして、なぜWatchに同期されなくなってしまったのか?

オリンパスのコールセンターに電話。最初からこっちでしょ、とは思いつつ。が、OpcWearには電話窓口を設けいていないのでフォームからメールしてくれと。これも想定通り。というか、外部開発の、しかもナントカ賞受賞のアプリで、利用者もどれほどいるのか不明なくらいマイナーなアプリなのだ。それだけのフォロー体制はないだろう、と思っていた。

そもそもOLYMPUS、Air本体にどれだけの力を振り分けているのか。主流じゃないのはもちろん、実験的な位置付ももちろん。そのさらに周辺、いや外部の話なのだ。ゆえに何もかも手薄なんじゃないか。GooglePlayには問い合わせ先メルアドリンクがあり、一瞬そちらにメールしようかとも思った。が、やはり正規ルートでと、オリンパスに問い合わせたのに、返事が来る気配はない。

というようなことをやっていると、S.Watchモニター利用あきらめムードも漂ってきた。気軽にパシャパシャするにはとても良いのだけれど、料理写真などには力不足で、やはりスマホモニターの大きさと機能が欲しい。ならば…とあらぬ妄想が膨れ上がる。軽いモニター専用スマホがあればいいのではないか!

調べてみた。希望は100g程度。最低条件は公式アプリが作動するAndroid4.0以上であること。

と、SONYの中古(Xperia SX SO-05D docomo)が6千円台~1万円くらい(もっと高いのもある)である。95g。S.Watchより10g重いだけ。ずいぶん前のだけれど、モニターとして使うだけならありかも(どうせならSIMフリーで使いたい、などという欲は出さないでおこう)。

もしくは、京セラ DIGNO R 202K。94g。こちらの方が少し新しくて、液晶画面も大きい。Androidも4.2だし。ということで、かつ新品が中古のSONYと同じ7000円台であったので、迷ってる時間が惜しくてポチ。11.28 夜のことであった。

 

二日後 11/30

届いた! 軽い!! Airのモニターに設定。問題なし!
これなら断然良いわ。
あとはSonyWatchとのペアリングをこっちにするか。

Olympus経由OpcWearからの返事はなし(12/2日現在)。やっぱりね…。

 

もう12月だぁ…

こんなことをしている場合ではない。12月になっちまった。といいながらDIGNO R 202Kのはなし。中古ならさらに安いのもあったけれど、バッテリー交換が出来ない機種だけに、数千円アップなら新品のほうが良いだろうとの判断。でもなんでこんなに安いの?という不安はあった。まさか盗品じゃないでしょうね、とか。出品は中古PCなどを扱っている業者で、評価も高い。それを信じて問い合わせもせずに購入したものの…。

本当に新品であった。少なくともそう見える。うっかり捨て忘れたのか、箱の底にヤマトの(最初の?)送り先伝票が残されていた。考えたら、こんな古いものをどこから盗んでくるのか。盗品ならもっと早くに売りさばくだろう。しかしどういう経緯で、2013年6月製造のスマホが新品のまま我が家まで旅をして来たのだろう。ちなみに、IMIEI番号でも○。

softbank版なので、取説もしっかりと未開封状態で入っていたし、スマホにも何チャラアプリがいっぱい。不要なもの、もう作動していないものなどをがんがん削除、または無効化。しかし本当に軽い。感動的に軽い。それでいてスペック的にも、メインメモリとAndroidバージョン、SDカードスロットルが外付けなこと以外、2016夏のarp AS01Mとさほど変わらない。もしかして私、めずらしくすごい当たりを引いたのかも。

もちろん、SIMロック解除は出来ない。だからWifiのないところでの通信には使えない。でも、Air専用モニターに、おまけで(Wifi環境で)GメールやGMapやその他のアプリがついているとしたら。いや、Wifiがなくても、KindleだってEvernoteだって使える(よね、たぶん)。GMapのオフライン利用というのもイイかも。旅のサブとして持っていくのに最適の94gだわ。

世の中には軽さや小ささを求めている人は結構いる。Xperia SXの中古など最高値は4-5万である。未使用新品同様が8万近い値札でびっくり。2012年発売(2014年版もある)だよ。SONYブランドだし、ドコモ版なら格安SIMも利用できる(発売時期にもよる?)のだろうし、バッテリーも交換可能だし、そのあたりを加味しても、やっぱり他に代わるものがないからだと思う。だって1-2万で新品のそこそのが買えるんだから。

私がXperia SXではなくDignoRを選んだのは、Androidバージョンが4.2だったことと、液晶サイズが若干大きいこと、かつ、新品だったから。

唯一の不満は、(知らなかったのだが)AndroidWearが入れられないこと。スマートウォッチとのペアリングはあきらめなければいけない。せめて4.3であればとうらめしいが、仕方がない。Appleはこういうところがすごいよなあ。4sだってずーっとアップデートがあったもん。

翌12/2日。GメールがPCとDignoでしか受信できなくなっていた。サーバーに残すとかなんとかすればいいのだろうと思い、オンラインのアカウントをすっごい久しぶりに覗いてみた。よくわからず。検索したらiPhoneで同期の設定をすればよい、という記事をみつけた。Gmailはアプリ利用が良いとあり、iPhoneにメールアプリを入れることにした。

ついでにカレンダーも同期設定。サブ機としての機能を整えるべく、Skype、050plus、LINE、Evernote、Kindleもインストール。LINEは要らないかな、と未設定。Skypeはなぜかアカウントに入れずやはり未設定。ほとんど使わないので、アクセスできなくなったままなのか? 050plusで電話してみたが、音質もすこぶる良い。arp AS01Mとは雲泥の差で、これなら使える。

しかしこうやってみると、SIMなしでもかなりのことが出来る。家にWifi環境があれば在宅時は電話(緊急電話以外)もネットもほぼ全てが利用可能。外出時にも、コンビニのフリーWifiが60分×複数回/日が可能だし、公共施設やマクドナルドなどのフリーWifiを渡り歩けば、極端な話し0円で利用できる。

Googleのオフラインマップも、旅行先が利用可能な海外であれば(日本国内は対応していない)、現地SIMなしでも結構いけるのかもしれない。であるならば、バッテリー対策にも90gの充電器より、94gサブ機のほうが良い。

カメラも、EPL-6はやめてAIRをメイン機にして、通常は軽いほうのズームレンズを装着、料理と夜間撮影時用にLUMIX G20持ち歩けば、旅装備の軽量化もかなり進む、ような気がするが、そうはうまくいかないか。Airのバッテリーも、モニター利用でのスマホバッテリーも、かなり消費が激しいだろうし。…なんてことより、いったいいつ(海外で)検証できるんだ? 私…。

 

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*