MH Magazine Lite:更新日を表示させる

tokeiso

サイトの記事がいつ書かれたかは、大事な情報だ。
検索で上位にヒットしても、古いと参考にならない場合もある。
テーマによっては、一年以内とか一か月以内とか、期限を絞って検索したりもする。
投稿日時がないものは、その時点で信憑性が何割かダウンし、おっくうな気持ちが少し芽生える。
今現在の状況で参考になるのか(いつ書かれたのか)を、
読みながら自分で判断しなければならないからだ。
が、古い記事でも更新日が記載されていれば(かつそれが新しければ)、
長いスパンで検証しているんだなと、むしろ信頼感はアップする。

コードの書き方はいくつかあるようだが、初回はエラーになった。二度目のトライで設置できたので、それをメモしておこう。

当サイトでは MH Mazine Liteを子テーマを作ってカスタマイズしている。
Like a Magazine ♫ MH Magazine Lite (ver.2) カスタマイズ③ × 子テーマ編

記入箇所は、上記でカスタマイズした content-loop.php と content-single.php のメタデータ部分である。ここではログインユーザー名を非表示とするため、メタデータのコードを一行で呼び出す設定から、じか書きに変更していた。それをさらに修正していく。

content-loop.php と content-single.php 共通である。

以下の部分を

<span class="mh-meta-date updated">
<i class="fa fa-clock-o"></i>
<?php $date = get_the_date(); echo $date; ?>
</span>

次のコードに差し替える

<span class="mh-meta-date updated">
<i class="fa fa-clock-o"></i>
<time class="entry-date published" datetime="<?php echo get_the_date( 'Y/m/d' ) ?>"><?php echo get_the_date( 'Y/m/d' ) ?>
</time>
<?php if (get_the_modified_date('Y/n/j') != get_the_time('Y/n/j')) : ?>|更新:<time class="updated" datetime="<?php the_modified_date('') ?>">
<?php the_modified_date('') ?>
</time>
<?php endif; ?>
</span>

と、以下のようにインデックスページと記事ページのメタデータ部分に更新日が表示されるようになる。

updated-data<

 

もし更新していなければ、更新日は表示されない。
なお、<time>〜</time> で囲っているのは、検索エンジンに更新日を知らせるため。これがないと記事ページに表示はされるが、投稿日や更新日が検索エンジン側に伝わらない。

参考:
WordPressで最終更新日時を取得・表示する関数。SEOにも有効!
日付と時刻の書式|Wordpress

 

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*