投稿者を非表示にする — MH Magazine Lite バージョン2.**, Virtue

WordPressではユーザーのニックネームを表示名に設定していない場合、 メタ情報としてユーザー名が出てしまう。 また、ニックネームとしていても、 ユーザーページへのリンクが生成され、簡単にログインユーザー名が解ってしまう。 不正ログイン防止のためにも、ログイン名はわからないほうが良い。 MH-MagazineLiteはバージョン2からこの部分も表示方法が変更となっているが、 以下の方法で修正した。

MH Magazine Lite

メタ情報のファンクションは>includes/mh-custom-functions.php に書かれている。この部分をmh-custom-functions.phpから取得するのではなく、バージョン1.**と同様直接書き込むようにした。

content-loop.php

index/archive/searchページのサムネール、タイトル、メタ情報、概要を制御するファイル。 以下の一行を削除。

<?php mh_magazine_lite_loop_meta(); ?>

以下に差し替える。

<span class="mh-meta-date updated"><i class="fa fa-clock-o"></i><?php $date = get_the_date(); echo $date; ?></span> <span class="mh-meta-comments"><i class="fa fa-comment-o"></i>
<?php mh_magazine_lite_comment_count(); ?></span>

 

content-single.php

投稿記事ページを制御するファイル。 以下の一行を削除。

<?php mh_post_header(); ?>

以下に差し替える。

<p class="mh-meta entry-meta">
<span class="mh-meta-date updated"><i class="fa fa-clock-o"></i><?php $date = get_the_date(); echo $date; ?></span>
<span class="entry-meta-categories"><i class="fa fa-folder-open-o"></i>
<?php the_category(', '); ?></span>
<span class="mh-meta-comments"><i class="fa fa-comment-o"></i>
<?php mh_magazine_lite_comment_count(); ?></span></p>

 

Virtue

templates/entry-meta-subhead.php

以下を削除

<span class="postauthortop author vcard">
<i class="icon-user"></i> <?php echo __('by', 'virtue');?> <a href="<?php echo get_author_posts_url(get_the_author_meta('ID')); ?>" rel="author"><?php echo get_the_author() ?></a> |</span>

 

  • トップへ戻る
  • カテゴリアーカイブ
  • HOME

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。* は必須項目です。


*


*