No Picture

沢木耕太郎「旅する力 –深夜特急ノート」 後半

【沢木耕太郎「旅する力 –深夜特急ノート」 前半】はこちら 後半は、帰国後『深夜特急』出版までと出版後のはなし。 「一便」「二便」を書くまでに10年、「三便」はその6年後。 「旅」には熟成が必要ということだ。

No Picture

沢木耕太郎「旅する力 –深夜特急ノート」 前半

上善水の如し、沢木耕太郎の文章を我が家ではこうたたえている。 時々目にする朝日新聞の映画評など、 まさにさらさらと流れる水の如きなめらかさである。 うまい(ときにうますぎる)。 もちろん、『深夜特急』は面白く読んでいた。 『旅する力』は、前半は『 …続きを読む

No Picture

サルデーニャに向けて

あと二週間。 まだホテル決まらず。 というか、ルートがやっと固まりかけているという段階。

イスタンブールのこと

三週間後のサルデーニャがまだ中身が未定。 ルート確定とホテル予約しなくちゃいけないんだけれど、 まだ『トルコを知る53章』なんぞを読んでいる。 イスタンブールが面白かったのだ。

No Picture

イスタンブールに向けて

出発が近づいているというのに、イスタンブールについて、 これまで「地球の歩き方」をぱらぱらとめくっただけだった。 少しは下調べもせねばと、やっと図書館で、 検索したトップ5冊をろくに吟味もせずに予約し、借りてきた。