カラフル・ウズベキスタン

出かける前のウズベキスタンの色のイメージは、青であった。 サマルカンド・ブルーという言葉もあるし。 確かにタイルの青はいくつもの色合いを誇っていたし、 空の青も素晴らしかった。 でも実際目にした色は実に様々で、 市場の果物の色鮮やかさそのものの、 …続きを読む

Uzbekistan

なんと、5日夜発でシルクロードは西安~中東の中継地ウズベキスタンに行ってきます。 この時期、中央アジアは酷暑!! でも、めぐってきたタイミングなので。 タシケント、サマルカンド、ヒバ、ブハラ、青のタイルのモスク…。 プリペイドSIM、 …続きを読む

モロッコ2015:タクシー利用には気力と強い意志が必要(旅の技術編風・その1)

2015年1月 フェズ モロッコに限らず、エジプトでも、イスタンブールでも、 これまでタクシー利用は気が重いものであった。 イスタンブールでは全く言葉が通じず、相乗りのルールもわかっておらず、 メーターを倒せと(ジェスチャーで)言うに、 壊れてい …続きを読む

モロッコ、旅の安全と情報収集について(+バングラデシュ~トルコ)~ ‘17.5.23

2014年3月、マラケシュ、フナ広場界隈 モロッコ旅行の直前、フランスでシャルリー・エブド襲撃事件が起きた。 滞在中には「イスラム国(IS)」による日本人人質事件が明るみに出た。 解放交渉の経過とその失敗、湯川さんと後藤さんの殺害はリアルタイムで …続きを読む

No Picture

Morocco 前夜

最近になく不安材料の多いモロッコ旅である。 その1 わけあって 羽田ーパリ、パリーカサブランカが別冊の航空券となったため、 機内預けの荷物がスルーでいくのかどうか? 行かなかった場合、セキュリティ強化必至のシャルルドゴールで、 一旦入国し、荷物を …続きを読む

今年もモロッコに行ける ♫

今年もモロッコに行くことになった。 なんと、OUMがパトロンになっているタラゲールフェスティバルを目指して! 動画はマラケシュからアトラス超えのアイト・ベン・ハッドゥのカスバ、 土に帰りつつある土壁の城塞 。

ラマダンと観光、イスラムとの共存

イスラムの国を旅する非モスリムの観光客は、ラマダンのこの時期、 問題なく食事をとれるのだろうか。 今日、関連記事を二つ読んだ。