No Picture

エジプト航空 成田線運休延長

エジプトについては書きたいことがたまっているけれど、 なかなか時間が取れず。 とりあえずこのニュースだけ。 ・エジプト航空、成田線運休継続-14年3月29日まで

1910年代のカイロ復元写真

↑2013年のカイロ ↓1910年代のカイロ ・1910年代に撮影されていたエジプト・カイロの貴重なカラー復元写真

Egypt 2013 ④ to the Sahara-2

◆華麗なる砂の世界 砂漠の色はひと色ではない。 また、砂漠は砂だけで出来ているわけでもない。 それはバハレイヤオアシスまでの景色でも、充分見ていた。 だが、バウィーティー村の南の砂漠は、一段と華やかで、 かつ変化に富んでいた。

Salt Lake in Bahariya Oasis, Kel Assouf

カイロからの砂漠ロードの途中、 バハレイヤオアシスを望む一枚の写真がある。 オアシスがくぼ地にあることがよくわかる、 谷を見下ろす場所からのものだ(先日の記事に挿入したもの)。 この写真で、気になっていたことがある。 淡い水の色の広がりが何なのか …続きを読む

Egypt 2013 ③ to the Sahara-1

エジプトは90%が砂漠だ。 緑はナイル川の両岸と、砂漠のオアシスにあるばかり。 ナイルを背に、ヤシが茂る緑地帯を離れると、 すぐに、いきなり、砂漠となる。 まるで、街路の喧騒からモスクの静寂世界にひとまたぎで入るかのように、 変化の過程にグラデー …続きを読む

Egypt 2013 ② 喧騒のカイロ、静寂のカイロ

◆路上にて カイロは大都市である。 アムロ君によると人口2000万人。 全8000万人を越すエジプト人の四分の一が住んでいる。 この数は、近郊も入れて、ということだとあとで調べてわかった。 それでも中心部にほぼ東京と同じくらいの人が住んでいるわけ …続きを読む

No Picture

エジプトを引きずる日々

エジプトのことを書くことが頭をずっと占めていて、 それがなかなか思うようにいかず、落ち着かない。 イスラムのこと、砂漠のことで様々に思いが振れる。

Egypt 2013 ① 地中海へ

私ってば、なんでまたエジプトになんぞ行くんだろう、 出かける前にそう思っていた。 政治状態はあいかわらず不安定で、 デモは再燃していたし、死者も出てるようなのに、一人で、 しかもカイロのイスラム地区や砂漠になんて、行かなくてもいいのに、と。 最初 …続きを読む